接客が素晴らしい居酒屋の見分け方

接客の良さを見極めるポイント

感じ方はそれぞれ

素晴らしい接客を受けられるかどうかを見極める最初のポイントは、まさに居酒屋に入った瞬間の店員さんの対応です。 もちろん居酒屋に限ったことだけではなく、「挨拶をする」という事は人間関係の基本ですよね。 基本的な挨拶ができるかどうかという事は、その後の接客スキルを図る指針にもなります。

お店に入った時の第一印象

大切な仲間と楽しく食べたり飲んだりする場である、居酒屋。
気持ちよく大切な時間を過ごしたいものですよね。

良い時間を過ごすためには、自分たちが盛り上がることはもちろん、その時間を気持ちよく過ごせるためのお店の方々との関わり合いもとても重要です。
どんなに良い仲間が集まって、お料理や飲み物がおいしかったとしても、店員の態度が気持ちいいものではなかったらどうでしょうか。
折角の楽しい時間が台無しになってしまいますよね。

接客はとても奥が深いものです。
なぜならば、対応する人それぞれで、店員さんの接客に求めているものが違うからです。
ある人は一緒になって盛り上がってほしい、元気で明るい対応をしてほしいと思っている反面、別の人は落ち着いて食事をするためにあまり騒々しくしてほしくない、とも思うでしょう。
またある人は、大切な時間を他の人すなわち店員さんにあまり介入してほしくない、とすら思うかもしれません。
このように、接客に求められているものは千差万別なのです。
つまり、「それぞれのお客さんのニーズにあった接客をする」ということこそ素晴らしい接客、といえるでしょう。
接客と一言で表したとしても、その中身はその時のその相手がどうしてほしいかによって、接客内容は大きく変わるのです。

では、お客さんの目線では、どのようなポイントに気を付ければ自分が求めている接客を受けることができるのでしょうか。
居酒屋で良い接客と共に楽しい時間が過ごせるよう、ポイントを押さえていきましょう。

食事をおいしく楽しく

居酒屋で食事をする場合に必要なのは、テンポの良い接客です。 いくらお料理がおいしくても、出てくるのが遅かったりのんびりした接客だと、楽しい時間がじれったく感じてしまうかもしれません。 スムーズに楽しんでもらうための接客には、どのようなものがあるのでしょうか。

また来たくなるような見送り

単純に店内にいる時だけ接客すればいいというわけではなく、お客さんがお店をでて帰るまでの見送りでの接客もしっかりするという事はとても大切な要素です。 お見送りまでしっかりできれば、また来ようと思ってもらえる可能性も上がりますし、お客さんも気持ちよく帰られますよね。