感じ方はそれぞれ

お出迎えしてくれる店員の表情

お店の顔ともいえる、店員さんの入店時の対応。
皆さんはどういった対応を期待しているでしょうか。

どういう接客を受けたい人であっても、お出迎えの際に「笑顔」で対応されて嫌な人はいないでしょう。
入店時の対応は、お店の顔ともいえる大切な要素です。
もちろん対応時のテンションはお店のカラーによって異なります。
大きな声で元気に挨拶がある場合も、声のトーンは少し落ち着いていて明るくも穏やかな挨拶がある場合もあるでしょう。
しかしいずれにしろ、「笑顔で出迎えられる事」は、どんな入店時の対応であっても必要不可欠です。

お店が忙しいピークの時間には、店員さんもバタバタしていることが多いでしょう。
しかしそんな時こそお出迎えの笑顔が素晴らしいものであると、その後の店内での接客にも期待できるといえますね。

お出迎え後、案内してもらう際の対応方法

居酒屋に入ってお出迎えしてもらった後は、席へ案内してもらうという流れが一般的ですね。
この時にも店員さんの接客をチェックするポイントがあります。
まず、席への案内がスムーズであることが大前提です。
特に予約をしている場合は、「お待ちいたしておりました」と一言あるのとないのではだいぶ印象が変わりますよね。

接客が素晴らしいかどうかは、満席の時などで即座に店内へ案内できない場合などは特に分かりやすいでしょう。
お客さんがピークの時間に飛び込みで来店してきた時の空席状況の確認の際などの表情に着目してみましょう。
ここで真顔になっていると、お客さんからすると「あ、入れないのかな」と不安になったり「こんな時間に飛び込みで来ちゃって悪かったな」という心情にもなりかねません。
いかなる場合でも表情に気を使える接客は素晴らしい接客だといえますね。


この記事をシェアする